地方都市には若者が就職する場所が益々限られてくるようです

60歳を過ぎて健康を大きく害していないときにその後の人生をどう過ごすかという選択肢が出てきますが,自分の周りを見ると延長雇用で同じ職場で働き続ける方たちがほとんどです。
定年が60歳とはっきりとしていた公務員も再任雇用が制度化されて,違う職場になるとはいえ希望者は雇用が継続されるようです。
ただ地方都市の場合,それまでも若者たちの就職先が希少なうえに,比較的学業優秀な人たちの受け皿になっていた公務員が老年延長によって若者の新規採用枠が縮小されてしまうのでは,地方都市の未来の発展を考慮するとそれでよいのかなと少し疑問を感じます。
地方都市の場合,人手不足といってもサービス業や医療・介護など特定の分野に限られ,上場企業などは数限られているので研究職などの活躍の場は本当に希少です。
県外に出て専門性の高い学問を学んだ若者が地元に戻っても,その手腕を生かせる場所が少ないのは寂しい限りです。
少しでも若者の枠を残して欲しいのですが。ミュゼ ひざ下脱毛

とりあえずの塗り薬と言えばオロナインだと思います。

幼稚園児の娘に手の甲が痛いと訴えられたのですが、どうせその辺にぶつけたんだろうと思って聞き流していました。でも一緒にお風呂に入ったらお湯に浸かった途端に痛い痛いと言い出し、見ると手が真っ赤なんです。これはもしかしてシモヤケでしょうか。実は私は生まれてこの方シモヤケになった事がなくて友達が耳が痒いとか言っているのを見たことある程度なんです。暖房器具がイマイチしっかりしていない時代の昭和な病気だと思っていました。とりあえず風呂あがりに昭和イメージの万能塗り薬オロナインを塗ってみました。実際、効能のところにシモヤケと書いてあったんです。子供の頃から何かにつけ塗られていたイメージがあるのですが、久しぶりに塗るととても懐かしい匂いがしました。長引くとかわいそうなので明日にでも病院に連れて行こうかなと思っていたのですが、翌日にはもう痛いと言わなくなったんです。オロナインが効いたのかもしれません。幼稚園で元気よく遊びまわっているんでしょうが、一応通園途中だけでも手袋をしてやりました。まあ今年の寒さは特別ですもんね。アリシアクリニック スムース ビューティー 違い

妹の結婚式で、旦那は二日酔いになるという

先週の日曜日、大安でしたので、地元で妹の結婚式があり、家族そろって参加しました。
3才の長男はおとなしく座っていましたが、1歳の次男がおとなしくできるはずもなく、
旦那と交代であやすのが大変でした。
自分の結婚式の時には考えつかない披露宴でのイベント、
例えば、新郎新婦のファーストバイトの前に先輩夫婦で行う先輩バイトや、
披露宴最後にその日の出来事を短くまとめたムービーが流れたりと、
とても楽しめました。
妊婦とは思えない真っ赤なドレス姿の妹、新郎新婦とその両親の涙、
会場の和やかな雰囲気、どれもこれも忘れられない思い出になりました。
結婚式の帰り、実家に寄ったのですが、親戚一同が集まって、宴会をしていました。
みんな妹の事を喜んでくれて、お酒のたくさん飲んで、楽しかったです。
次の日は、旦那も朝が起きれず遅刻しそうになりました。私も寝坊してしまったので旦那を起こせなくて、申し訳なかったです。二日酔いもいいところでした。

色が白い女子ってそれだけでかわいいから羨ましい

私の主観かもしれないですが、色白の女性ってやっぱりモテますよね。
そして、顔立ちがそこまで可愛くなくても、色が白いと映えるし、なんか可愛く見えますよね。
私だけでしょうか?(笑)

昔から色が白いことにすごく憧れがあって、様々な美白用品を使ってきたりしてトライしてきました。
でも、もともとが色白ならまだしも、もともとそこまで色が白くはないはずなので、元の色より白くはならないんですよね。

だからといって、化粧で色を白くごまかしてみても、やっぱり手の甲とかの色と違うから浮くし、
何より厚化粧は好きではありません。

たまに褐色の肌の女性でも、とてもきれいな人を見かけますが、やっぱり目がいくのは色白女性。
どうしたらあんなに透き通るような肌になれるのだろう、といつも羨ましく思ってみております。

頑張ってビタミンCをサプリで取るようにしてみたり、睡眠時間を長くしてみたり。
あとは根気強く美白化粧水を使ってみたり。
今年こそは、きれいな色白の肌に近づけるよう、努力します。

やっぱり… 看病疲れで今度は私がダウンしました

子供が風邪をひいて、高熱が下がらないままだった4日間。
心配だし、咳き込んで夜中に何度も起きたりという状況だったので、あまり寝る事が出来ずに睡眠不足…。

昼間の起きて居る時間は甘えたで、私が少しでも側を離れるとグズグズ。
しんどくて可哀想だし…と思い、ずーっと抱っこか膝の上にのせて相手をしていたので、家の事が出来るのは、子供が1人で大人しく寝てくれている時間だけ。

主人は、夜寝られなくても、子供が寝てる間に一緒に昼寝すればいいでしょ!!と夜間の看病を代わってくれることはありませんでした。

2日間は連休で家にいたのに…。
昼間、子供が寝ている間に家事をしていたのも知っているのに…。

子供自身も「父ちゃんじゃヤダ!!」ってなっていたし、子供が咳き込んで苦しそうでも起きなさそうなので、看病を代わってもらおうという気は一切ありませんでしたがね。

ただ、寝不足でフラフラ、寝坊してお弁当が作れなかった私に
「ちゃんとしてくれなきゃ!!」と言ったのだけは腹が立つ。
許せないのでコテンパンに口撃してやりました(笑)

フラフラになりながらの看病で、ようやく子供が平熱に戻った頃に私がダウンしてしまいました。

今回、あまり熱は出なかったものの、声が一切出ない…。
元気になった子供は、遊びたくてウズウズ。

絵本を持ってきて読めと要求してきたり、靴を持ってきて散歩に連れていけと要求したり
ゆっくりはさせてくれませんでした。

前回の風邪の時にもらった薬を飲んで、気合いで子供の相手。
3日間ほど声が出ず大変でしたが、何とか回復しました!!

私の回復と同時に、今度は主人の番(笑)
私がしんどい時、「気合いで乗り切れ♪」と言っていたので、頑張って気合いで乗り切ってもらおうと思います。ミュゼ ひげ

学校が良くなると、保護者も移り住んできます

地域によっては、公立学校の学区そのものがブランドになってしまい、そちらを目地して、人口が動いていくというようなことがあるようなのです。特に、マンションが立てられるようなところには、高額であっても、その学区を目指して、保護者たちが殺到します。
すると、今度は、お教室が立てられないというような事態にもなるようで、場合によっては、プレハブの校舎で授業を受けないといけなくなったりもするようなのです。ただし、こちらは、学校がブランド化したことによって、出来た、新しい価値が出てしまったのです。いいことですよね。
そう思うと、学校が良くなるということは、地域時代も、若い親世代が移り住むことになり、いいことづくめになるのではないかと思います。子供も、少人数でお山の大将になるよりも、ある程度の人数がいたほうが楽しそうですから。
中には、それでも、更に子供の数が減ってしまうところもあったりして、驚かされることもあります。

ぜひ東京オリンピックを目指して欲しいです

山口県で防府読売マラソンが行われ、公務員ランナーの川内優輝選手が7年連続出場し3年ぶり3度目の優勝を果たしました。2週間前に行われた福岡国際マラソンにも出場し9位。そして今回の優勝とマラソン界の常識では考えられないような出場ペースと記録を出しています。
2020年に行われる東京オリンピックのマラソンの選考方法が変わり、ある一定の成績や記録をクリアした選手だけが代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップが行われることとなりました。その出場権を川内選手は得ましたが、本人は「出場するかどうか分からない」そうです。昨年行われた世界選手権で「日本代表を退く」と言っていたのですがその考えはやはり変わっていないような口ぶりでした。
あの一生懸命歯を食いしばって走る川内選手を応援したくなりますし、どんな結果でも感動を与えてくれる選手です。ぜひ、その姿を東京オリンピックで見てみたいので日本代表として臨んでもらいたいなと思います。アリシアクリニック 評判

ブックスタートに行くことができるので嬉しいです。

3、4ヶ月検診でブックスタートの時の絵本の引換券をもらったのですが、それを使うことができるのでとても嬉しいです。
もうすぐ引越しをするので、ブックスタートに行けずに絵本ももらえないかなと思っていましたが、明日もするということで、電話で聞いてみたら、参加させてもらえるとのことだったので、ありがたいです。
引越し前に行かせてもらえるのがとても嬉しいものですね。
引っ越してからは引換券もただの紙切れになってしまうので、使ってしまいたいなと思っていましたし。
これからどんどん絵本も読んであげたり、一緒に遊んであげたりしたいです。
でもまだどんな絵本を読むのがいいのかなど全然わかりませんし、明日教えてもらってこようと思います。
まだまだお話というよりは本当に絵を見せるだけとかになりそうですが、絵本はとてもいいといいますし、どんどん取り入れて行きたいです。
どんどん絵本が好きな子になって自分でも読めるようになったら読んで欲しいなと思います。脱毛 24箇所

プールの混みあい方は異常で、今でも思い出します

8年ぐらい前になります。大阪にひらかたパークという遊園地があり、初代ひらパー兄さんが、ブラックマヨネーズの小杉さん、2代目のひらパー兄さんは、岡田准一さんです。岡田准一さんが、ひらパー兄さんになるなんて、快挙です。枚方市は案外と、川崎真世さんにしろ、岡田准一さんにしろ、すごい人が出ている街でもあるのです。祖のひらパーに行った時のことです。熱くて暑くて、すると、ひらパーのプールの場がれるプールに人が押し寄せ、プールを歩くという有様になったのです。そこまで、ひらパーのプールがいいとも思えないので、行くところがないのかと思いましたが、新聞にも載るほどの有様だったのです。
同じように、昭和のプールも大繁盛でした。最近では見かけないほど、地方のプールもにぎわっていたのです。ありがたみが深かったのかも知れません。その当時を思い出すほどの込み具合で、辟易したのです。何かのついでに、子供も思い出して、話します。

予選で獲得してもこの様な所で関わってくるとは思わなかった

もうすぐ平昌オリンピック開幕が開幕をしますが韓国では盛り上がっていると思われている所もあると言うが実際には盛り上がってないという事がわかったが更に北朝鮮がこのオリンピックに関して出場する事が決まったと言うがいろいろと注文があったという事で連日のようにニュースを取り上げられたと言うが国民には納得が出来てないと意見が大きいという事なった。

特に女子のアイスホッケーは合同チームとなるという事が決まったと言うがこのタイミンクでこの様になるのはどうなのか難しい所もあるもある一方で国民の立場も考えないでこうした事になるのか非常に怒りが止まらいなという事になるが中には署名活動をしている人もいるほどで余計な事になったと思われている所もあるという事になる。

ちゃんと予選をしている事でここから予選を勝ち抜いて出場権を獲得をしているので本番までは万端にしたかった所なのにこうした話でどうするのか難しい所もあるで気になる。

反対をしている人も多くこの様な事は納得もしないまま決まったと言うが一番の犠牲となるのが監督や選手だと思っている所もあると言うが特に監督がアメリカ人という事で変える可能性もあると思われている所もるあるがそのままで行く可能性もあると感じるが目立ってしまうのが北朝鮮の選手や応援に来ている人達が目立ってしまう事もあると感じられる。

噂の美女なのでこうした人がいると試合よりかこれを見るのではないのかとやきもきをするかも知れないと思う所もある。

この様な考えて果たしてこのオリンピックが上手く開催が出来るのかこうした問題が引き金にならないで欲しいと思っているかも知れないのです。